出力試験の場

ポケモン等趣味の記録

雑記:ポケモン映画2016 感想

ボルケニオンと機巧のマギアナマギアナのガオーレディスクを貰うために見ました
ネタバレをそこそこします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


デオキシス以来にポケモン映画を見ました
見る前は退屈するかなと思っていたのですが、見てみたらまあまあ面白かったですね

 

1番印象に残ったのは、"ツンデレおじさんボルケニオン"ということ

 

最初の方は「人間の手は借りん」みたいなことを言っていたのに、最後の方は普通に一致団結していたため、こう感じました
あとボルケニオン+マギアナとサトシ達との会話とかもツンデレでしたね

 

2番目に印象に残ったのは、ニャースが涙脆かったこと

 

最近のアニポケや映画を見てないので分からないのですが、ニャースってあんなにポロポロ泣くキャラでしたっけ?
宣伝の「マギアナの声が聞こえないのニャ…」ってところだけではなくて、マギアナ関連でちょこちょこ泣いてました

 

3番目に印象に残ったのは、ラケル王子の目が死んでいたこと

 

かなりどうでもいい話ですが、個人的には非常に気になりました

なんなんでしょう

姉であるキミアの目は死んでいなかったので、遺伝ではなさそうですが…

以前は閉じこもっていたようなので、そのせいでしょうか?

 

4番目に印象に残ったのは、パーフェクトジガルデが出たこと

 

10%はアニメに出たらしいですが、まさかパーフェクトフォルムが出るとは…

ネーベル高原の生態系が乱れそうになったからでしょうか?

今見たら映画公式サイトに登場することは書いてあったようですね

そもそもプニちゃんが味方側だったことに驚きました

これを機にアニポケも見ようと思います

 

あと、サトゲコになる時、サトシ君が謎ダンスしてましたね!

踊りがサン・ムーンの重要な要素になりそうですね!

 

最後に

映画で出てきたので、10%ジガルデをサン・ムーンでポケパルレ(リフレ?)できるようにして下さい

お願いします

 

短いですがこれで